ランド・ポールは正しかった – ファウチ氏が中国の研究所での「機能獲得」研究への資金提供について議会に嘘をついたことを証明する文書

NEWS
NATURAL NEWS (DeepL翻訳)
Rand Paul was right - Documents prove that Fauci lied to Congress about funding "gain-of-function" research at Chinese lab
If anyone in Congress has done more than Sen. Rand Paul, R-Ky., to hold Dr. Anthony Fauci accountable for his potential role in the origins of the COVID-19 pand...
アンソニー・ファウチ博士がCOVID-19パンデミックの発生に関与した可能性があるとして、彼の責任を追及するために議会でランド・ポール上院議員(共和党)以上の働きをした人物がいるとすれば、我々は誰も思いつきません。
 
今年初めに、ファウチ博士の国立アレルギー・感染症研究所が研究会社に助成金を支給し、その助成金がCOVID流出の疑いのある中国の武漢ウイルス研究所での危険な「機能獲得」研究に使われたという情報が表面化してから数ヶ月、ポール氏はファウチ博士に頻繁に回答を求めてきた。
 
ファウチ氏は、政府に長く居すぎた(現職で約40年)典型的なワシントンの官僚のように、そうでないことを示唆する文書があるにもかかわらず、危険な研究に税金を提供したことを日常的に否定している。
 
例えば9月には、当時新たに公開された文書に基づく報告書で、自分の所属する機関と国立衛生研究所がそのような研究を支援するために数百万ドルを提供していたことが判明したため、ポールはツイッターでファウチを罵倒しました(当時のFOXニュースの報道)。
 
ランド・ポール上院議員(共和党)は、中国・武漢でのコロナウイルス研究に対する米国の資金提供の程度を明らかにした新たに公開された文書は、国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ博士が議会での前回の証言で嘘をついたことを示していると述べています。
 
ファウチ博士は、米国国立衛生研究所が武漢での機能獲得研究に資金を提供したことを断固として否定しています。ポール氏は火曜日のツイートで、NIAID所長が「また嘘をついた」とファウチ氏を非難しました。
 
「そして、彼の機関が武漢での新しいコロナウイルスの研究に資金を提供したことについて、私は正しかった」とポールは述べた。
 
https://twitter.com/RandPaul/status/1435198662456586242?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1435198662456586242%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F2021-10-27-rand-paul-was-right-documents-prove-fauci-lied-to-congress.html
 
「米国政府が、武漢ウイルス研究所でのコウモリコロナウイルス研究を支援するために、米国の医療団体EcoHealth Allianceに310万ドルを拠出していたことが、The Interceptによって明らかになりました。
 
ラトガース大学のリチャード・エブライト教授は、ツイッターで「NIHのフランシス・コリンズ所長とNIAIDのアンソニー・ファウチ所長が、NIHはWIVでの機能獲得研究や潜在的なパンデミック病原体の強化を支援していないと主張しているが、それは真実ではないことが文書から明らかになった」と付け加えています。
 
以前、ファウチ氏がウイルスに関する議会証言を行った際、彼は自分の機関がコロナウイルスの研究に資金を提供したことを直接否定した。
 
「私は議会で嘘をついたことはありませんし、その発言を撤回することはありません」と夏の証言の際に言っていた。「率直に言って、あなたは自分が何を言っているのか分かっていないし、私は公式にそれを言いたい。
 
ポールは反撃した。「あなたがこの件で踊っているのは、責任を曖昧にしようとしているからだ」。
 
フォックスニュースが先週報じたところによると、ポール氏が最初から正しかったこと、そしてファウチ氏が実際に議会に嘘をついていたことを証明する新たな文書が出てきました。
 
NIAIDのアンソニー・ファウチ所長は、NIAIDがアメリカ国民の税金を使って、コロナウイルスに感染したコウモリを使った中国の機能獲得研究に資金を提供したことを何度も否定しているが、NIAIDを統括する米国国立衛生研究所は、下院監視委員会のランキングメンバーであるジェームズ・コマー氏(共和党)に宛てた手紙の中で、「限定的な実験」が実際に行われたことを認めたのである。
 
「研究室で作られたウイルスによって500万人もの人々が亡くなったのですから、このようなことが二度と起こらないように、知りたいと思いませんか?このウイルスは非常に致死率が高い。もし、死亡率が15%のウイルスがあったらどうだろう?” ポールは後日、フォックスニュースのキャスター、ウィル・ケインとのインタビューでこう語っている。
 
また、2000年代初頭に発生した中東呼吸器症候群(MERS)ウイルスのバリエーションを中国がすでに実験しているとし、前身となる株の死亡率は2人に1人であったと付け加えた。
 
「彼らは今日に至るまで、真実から逃れようとしている」とポールは言う。彼らは “機能を獲得したのは予想外だった “と言っています」。
 
ポールは、2012年にファウチが「パンデミックは実験する価値がある」と発言したことにも触れています。
 
「可能性は低いが考えられる展開として、その科学者がウイルスに感染し、それが原因で大流行し、最終的にはパンデミックを引き起こしたとしたら?多くの人が合理的な質問をしています。そのようなシナリオの可能性を考えると、たとえ遠い存在であっても、最初の実験を行うべきだったのか、あるいは発表すべきだったのか、その決定にはどのようなプロセスが必要だったのか、と。
 
ファウチ氏はNIHの同僚と同様に責任を負うべきですが、彼はバイデン氏の「チーフ・メディカル・アドバイザー」であるため、期待はできません。
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました