【第63弾】ワシントンから(18回)目のメッセージ!!

ワシントンからのメッセージ
【第63弾】ワシントンから(18回)目のメッセージ‼️

石川様、1月1日の初めに皆さまへのメッセージを有難うございます。
コメント欄で石川様の新年の挨拶に関する英語表現がありましたが我々は日本語でのメッセージしか石川様へお伝えしていません。
我々のここのスタッフは日本語のできる者がいますので日本語でお伝えしております。

昨日の話でウイグル族の件で、我々の話が少し間違っていますというコメントにお答えします。
ウイグル族のジェノサイドに関する資料は安倍政権下の日本政府がアメリカに渡されたものです。
その後、9月に発足した菅政権下の許可のもと12月に議会が使用させて頂いています。
中国共産党のディープステートに関しての内容の説明を一部削除します。
昨日、明王朝の軍部からレッドドラゴングループが発祥した後、その後の説明を修正します。
1900年にレッドドラゴンは八卦の秘密結社を装いました。その後、義和団の乱をしかけイエズス会とロスチャイルドを中国から排斥しようとしましたが失敗し20世紀にはロスチャイルドは中国全土を制覇いたしました。
その後、ロスチャイルドユダヤ系フランス人のデヴィッド・ルネ ロスチャイルド男爵等が中国共産党のディープステートの中心であったのですが現在は全て排除され、習近平のみが残っています。
ついでに、ヒットラーはロスチャイルドの工作員の一人として位置づけられています。その事を追加いたします。

日本は政権の中心の政党の幹事長が親中派の親玉であったり、もう1つの新興宗教をバックにもつ政権党が同様に親中派であり、今後の同盟国としてのスタンスが問われるときがくるでしょう。
ジェノサイドの問題を抱える国とはすべての人民が自由、平等の精神のが基本である合衆国憲法が理念の基本であるアメリカや民主主義社会の西側諸国はお付き合いは不可能です。
それらは国際犯罪として認定されるもので、同様な意志の国と集いあらゆる手段を使って辞めさせなければなりません。
日本も同盟国としてそれの理念を有している国であると認識していますので政府や政治家は同様でなければなりません。
安倍政権が昨年、長い政権を終了したのはそのような親中の政治家たちが中枢にいることを危惧し排除するための政権交代であったはずでしたが残念ながら未だに中枢に残っているのが現状です。
日本におけるこのような政治家たちの問題は日本の民意が大きくならなければ動かないようです。
台湾問題が今、中共との間にある大きな問題ですが日本の尖閣問題もしかりです。日本政府が断固とした態度を中共側に示さなければならないときかと思います。
真の保守のみが集った政党が日本にも必要でしょう。
トランプ大統領は現在の共和党の現状にもとても危惧しています。

ここで話を変えましょう。
ケネディジュニアは1999年7月16日に飛行機事故により死亡となっています。
その前に彼が残したメッセージがあります。
2020年に戻ってきます。何故2020年か。ニコラ・テスラの技術で論理的に考えればこれらの内容は質問は全て解決されます。
我々のデクラスの発表は2020年11月中旬までを予定していましたがタイムラインを少しずらしました。それによりすべてのタイムラインは今年の前半に起きるようにセットしましたので彼の言ったニコラ・テスラの技術もタイムラインのセットが変更になったようです。
なお、余談ですがニコラ・テスラの技術はトランプの叔父にすべて引き継がれていると言われています。
我々の計画である機密解除デクラスの前にシステム上セットすることが2つありました。
それらのあることへの再評価とグローバルなりセットはシステム上終了したことをご報告します。
さらに以前お話したイギリスの欧州連合EU離脱が我々を先に進めるための1つの条件であったとお話しました。
2020年12月31日午後11時をもってイギリスはEU規則に従うのをやめ、移動や貿易、移民や安全保障の協力関係などに関するEUとの新しい協定が予定通り施行されました。
以上、とても大切なことを列記いたしました。
最近、石川様の話した内容をしっかりと分析してくださる方々が何人も存在し我々一同とても喜んでいます。
有難うございます。御礼申し上げます。
以上、ワシントンからのメッセージでございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました