ワシントンメッセージを 再び吟味しました!!

ワシントンからのメッセージ
ワシントンメッセージを 再び吟味しました‼️

 

今日のテーマはワシントンからのメッセージの確認でございます。
ワシントンは重要な1月6日を迎えるにあたりました電話連絡、メール連絡がこの2日間できないとの報告がありました。
そこで、これまでワシントンからのメッセージ、いろいろあったわけでありますけども、確認のコーナーを設けさせて頂きました。

はじめに、リンウッド弁護士がインタビューを受けた最近の動画がございました。
それを紹介させて頂きたいと思っております。

~~~
彼が子供の頃、学校から家に帰ると母が殺されていた。
そして、犯人はお父さん。
その後、彼は一文無しになった。
そんな彼を学校をだしてくれて、弁護士にさせてくれた国はアメリカだった。
アメリカだったから今の自分がいる。
~~~

彼はこうしたアメリカに恩返ししたいと私は強く決心されて、そしてトランプと同様に無給で命がけで、現在戦いを進めて頂いております。
本当に深く感動し、そして感謝申し上げたいな、このように思っております。

そして、昨日ですね皆さまからコメントを頂戴いたしました。
コメント紹介させて頂きます。

石川さん、今日も希望に溢れる動画アップ有難うございます。ワシントンからの封筒はまだ開封されないのですか?心待ちしています。
1月20日以降に、トランプ大統領が決定した、という以降に開封いたしますので楽しみにして頂きたい、このように思っておりますので宜しくお願いをいたします。

そして明日いよいよ1月6日を迎えるわけでありますけども日比谷公園でのトランプ応援デモがございます。
17時45分集合、南幸門集合ですね。そして18時からデモという時間帯でございますけども、石川新一郎は残念ながら参加できませんので、どうかご理解をお願い致したいと思います。
まぁ私が行きますと非常に危険だということでですね、ワシントンから大勢集まる所へは出没禁止となっておりますので、是非皆さまご理解のほど宜しくお願いを致したいと、このように思っております。

そしてまた、このようなコメントを頂戴いたしました。
1月6日は世界の節目、大事な日ですと回りに告げたら、大変ですね。辛いですね。頑張ってください。と、このように聞き流されました。(笑)みたいな感じでありますけども。
無視には慣れていますが、キツイですね。このようなコメントを頂戴いたしました。
本当に私共、皆さんもそうだと思いますけども、世界の中で世界の最先端を私は走っていると、このように自負させて頂いております。
時代の最先端を走る人はいつも誹謗中傷にあい、そして水をかけられたり、あるときは塩をかけられたりしてですね、迫害される歴史でございます。
そいういうのをですね全部背中におんぶしながら、本当に時代の最先端を走っていると、そういう誇りを胸にですね、堂々と今後もですね、前進を私も開始していきたいと、このように思っておりますので、どうか宜しくお願いを致したいと思います。

そしてまた、今日のメッセージ、魂に響きました。トランプ氏に依存するのではなく、一人ひとりが主役である事を自覚し、行動していく。
このタイミングを選んで今、地上に来ていることの意味を魂レベルで日本人に思い出してほしいと思います。
日本は世界の雛形と言われる本当の意味を。
このような素敵な深い意味のあるコメントを頂戴しました。有難うございます。

そしてまた、いつも有難うございます。1月6日、そして20日何が起きるのかとワクワクしてきます。
世界に絶望していましたが希望はあるのだと確信できてハッピーです。
このような嬉しいコメントを頂戴いたしました。

そこで、さっそくですね、メッセージの確認をしてまいりたいと思っております。

エプスタイン氏の生存の件でありますけども、昨日も私ワシントンと連絡取らさせて頂いて確認しましたが、間違いなく生きております。でも表に出ることは少なく、そして無いかもしれません。

このようなコメントが力強くございましたので、皆さまにご報告をさせて頂きます。
そしてまた、ジョージ・ソロスはすでに軍の監視下にいます。
1月6日ですね、これは私のメッセージでありますけども10日間選挙委員会とか、いろいろあるかと思いますけども、1月20日にはトランプ大統領は間違いなく再選し、聖書に手をおいて就任します。このようにメッセージに幾度もメッセージがありました。
皆さまもご記憶のことと思います。
そして私は、これはね明日の朝、太陽が上るかどうか心配で心配で心配で寝れないという人は、おそらくいないと思います。これと同じようにですねトランプ大統領は間違いなく再選されますので、どうか皆さま宜しくお願いを致したいと思います。
是非ですね安心を頂きたいな、このように思っております。
そしていろんなメッセージ、これまで20回あったわけでありますけどもこのようなメッセージがありました。

何故、トランプ大統領になり、アメリカや世界の仕組みを変える戦いに挑んでいるかの話をさせて頂きます。
それはケネディ大統領からはじまります。
彼はあることを公開しようとして暗殺されました。
それから時が経ち我々は本来のアメリカ合衆国憲法の基本である自由と平等、そして民主主義というものの根本が揺らいでいることに気づき、正式に1999年5月から21年間に及ぶ戦いに挑みました。
まず我々はケネディの公開しようとした素晴らしい物事を実現するために現在の社会を裏から操っている権力者と対峙して、その矢面に立つ最後の仕上げにトランプは手を挙げて自ら大統領選挙に挑み、勝利してくれました。
それにより、人間の自由と平等と愛を奪う全体主義や共産主義が今こそなりふり構わず牙を剥いています。
このことが明るみに出ること、そして地球の全ての人類が自らこの世の中は何かおかしいと気がついてくれたこと。
これこそが我々が目指していた所であります。
これは善と悪との戦いと思っています。
我々は生まれながらにして自由であり、平等であり、地球上の全ての人々や生きている草花や動物たちのものです。
合衆国憲法にはその基本理念があります。自由と平等、貧困の無い皆が笑顔で暮らせる世界を目指して行きます。

このようなメッセージがあったこと、私ものすごく深く感動して、メッセージを皆さまに伝えさせて頂いた。
すごく幸せな幸せコメントだな。このように私思っております。
どうかこの点もですね皆さまにご理解を頂けたら良いのかなと、このように思っております。

そして、何があっても安心していてください。
トランプ大統領は第2期には目に見える形で世界に貢献と全ての地球上の人類が平和と愛と光に包まれ、豊かに幸せに暮らせる世界の基礎を築くために尽くすつもりです。
すべての人から貧困と苦しみの根幹を取り除くためにトランプ大統領は今、前を向いてそれらを遂行することしか考えていません。
彼の2期目の目的は今、述べたところにあります。
必ず人類の全ての人のために彼は勝利し日本の皆さまにも幸せに暮らして頂けることを、近々、見える形でお会いできるしょう。

このような非常に力強いメッセージ、すごく感動いたしております。
そしてですね、このようなメッセージもあったと思います。

2018年、43代目のブッシュ元大統領の国葬にトランプ大統領はブッシュ・ジュニア、オバマ、クリントンなど、ここに来た重鎮たちに、あるレターを渡しました。
彼らはそれを見て顔色を変え、まるで自分たちの葬儀のように帰路についたときには血の気がなくなっていたそうです。
何故なら、そのレターには自分たちが立場を利用して行った事象が書かれていたからなのであります。
それは、ある拘置所への招待状でした。

このようなメッセージがありました。
今、トランプ大統領の勝利への環境はありとあらゆる部分で手が打たれていると私は思っております。
どうか多くの、この動画をですね見てくださっている皆さんですね、是非とも安心をされてですね、この6日もハラハラ・ドキドキかもしれません。
でも全て突破できる環境をですね、粛々とトランプ陣営は作ってきた、このように石川新一郎も確信を致しておりますので、どうか皆さま笑顔でですね楽しくですね、楽しんで頂けたらいいなと、このように思っております。

最後にですね、世界一貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領の言葉を紹介させて頂きます。

私達は発展するために生まれてきたわけではない。
幸せになるために地球に生まれてきたのだ。
政治とは全ての人の幸せを求める戦いなのです。
金持ちは政治家になってはいけない。
貧しい人というのは物を持っていない人のことではない。
真に貧しい人というのは際限なく物を欲しがり、永遠に満たされない人のことである。

以上、石川新一郎でございました。
最後までご視聴頂きまして誠に有難うございます。
心より感謝と御礼を申し上げる次第でございます。
最後に、トランプは絶対に勝つ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました